家庭教師の仕事について知っていこう!

家庭教師の仕事について知っていこう! 

主な内容

家庭教師の仕事の目的は、生徒の成績を上げることや志望校に合格するための受験対策をすることです。そのため、一口に家庭教師の仕事と言っても業務内容がすべて全く同じというわけではありません。たとえば、5教科のうち英語だけを重点的に教える場合もあれば、満遍なく対策をとるということもあります。さらに、学校で出された宿題や、授業内容の予習復習、さらには模試の採点や解説なども業務内容に含まれるため、多種多様な展開をする必要があります。

同じような内容を持つ仕事として塾講師が挙げられますが、塾講師の場合は集団での授業がメインとなることが多いです。一方、家庭教師は完全なマンツーマンであることが多いため、指導内容にも変化が見られます。塾講師は大勢に向けて話すような授業をするため、その生徒の特性を気にすることがあまりありません。しかし、家庭教師は生徒と向かい合って接するため、一辺倒な教え方では生徒側の不満が募ることでしょう。

生徒に対して学力を身につけさせるということが家庭教師の仕事です。塾講師との違いは生徒の特性を掴み、それに対応するような授業をするということが挙げられます。そのため、この点を理解しておかないと無用なトラブルが起きるかもしれません。